「マカ」は更年期で悩んでいる女性に効果あるのか?オススメのサプリは?

「マカ」は更年期で悩んでいる女性に効果あるのか?副作用はある?

マカは南米原産の植物で、栄養バランスの良さで有名です。精力関連や妊活、ダイエット関連、体力を補うためのサプリメントによく使われます。

ミネラルバランスの良さやアミノ酸の豊富さから更年期対策のサプリに使われることも多く、冷えなどの悩みを抱えた人からも人気になっています。

更年期はホルモンバランスが急激に変化するため、心と体に様々な影響が出やすく、栄養豊富なマカがおすすめの成分にもなっているのです。普段の食生活で不足しがちな栄養が補えることも魅力になります。

忙しくて食生活に気を配れない人もいることから、マカで栄養を補おうと考える人も多いのです。

マカに期待できる効果について

マカに期待できる効果についてマカは栄養豊富な植物で、日常的に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。更年期にマカがオススメな理由は、必須アミノ酸を豊富に含んでいて、栄養面から体調をサポートしてくれるからです。

アミノ酸は体のいたるところに使われていて、人間に欠かせないものになっています。不足することで体調に大きな影響を与えてしまうため、体調の変化が大きくなりやすい更年期ほど摂取した方が良いのです。

マカは滋養強壮に良いとされる植物で、妊活や精力増強、体力の補強、冷えの予防などに使われています。アミノ酸が代謝に大きな影響を与えることから、倦怠感などの改善にも利用ができると考えられているのです。

また、ミネラル分もバランスよく含まれていて、年齢の変化で不足しがちな栄養素も補えると考えられています。自律神経の乱れに良いとされる成分も豊富に含まれていて、冷えだけでなく体の火照りめまいの改善などに役立つと言われています。

更年期に起きる様々な症状はホルモンバランスの急激な変化と、それに伴う自律神経の乱れが原因と言われていて、婦人科でもホルモン剤などを使って症状を緩和するケースがあります。

漢方などで対処されることもありますが、人それぞれ症状が違うため、根本的な原因を解決できないことがほとんどです。薬などで対応できない範囲として、食生活を見直しやマカの利用にたどり着く人もいるのです。

更年期以外でも衰えがちな体力を補うためにマカを使う人は多く、健康的な生活を目指して利用を続ける人もいるほか、老化防止にも役立つと考える人もいます。

代謝が良くなれば、体の酸化物質を積極的に排出できるため、病気の予防などにも貢献してくれるはずだからです。肌のシワやシミの予防や改善などに影響を及ぼす可能性もあります。

血液の材料になる成分を豊富に含むことから、貧血の改善に貢献してくれる可能性もあります。マカを集中力アップや、頭の回転力のアップに使えると考える人もいます。

理由となっているのはやはりアミノ酸です。アミノ酸は脳でも利用されていて、不足することで頭の働きまで鈍ってしまうといわれています。また、マカに含まれるフェルアラニンが良いという指摘もあります。

フェルアラニンは神経の働きを整える効果があり、脳内物質の伝播に関わる成分で、ストレスを緩和し、集中力を高める効果があるといわれているからです。

更年期の症状に言いといわれる理由の一つでもあり、マカを仕事や家事をこなすための集中力アップに利用しようと考える人も多いのです。自律神経の乱れは更年期だけでなく、生理にも影響を与えます。

生理周期の改善のためにマカを利用する人がいるのもポイントになります。栄養が豊富だからこそ、期待できる効果が多く、利用する人が多い理由にもなっているのです。

妊活等でマカを利用する男女は多い

マカは妊活に使われることが多い植物としても知られています。豊富なアミノ酸が体力面や代謝の面でプラスになると考えられているだけでなく、男女どちらでも利用ができるからです。

精力に不安がある人がマカを使うことは珍しくなく、栄養ドリンクなどに含まれる一般的な成分になりつつあります。女性の場合も健康な卵子を作るためや、冷えや体力不足による生理の周期の乱れを改善するために利用する人が多いのです。

男女兼用でマカサプリメントを作るメーカーも多く、親しみやすいこともポイントになります。妊活用のサプリの場合は、妊娠初期に欠かせない葉酸などを加えていることも多く、用途やタイミングに合わせて使い分けやすくなっています。

体力増強を目指して利用する人も

体力増強を目指してマカを利用する人もいます。豊富な栄養で体力を支えたいと思う人だけでなく、トレーニングなどまで広げて考える人がいるのがポイントになります。

様々な運動の習慣をつけることで、マカの栄養を生かし、体力の増強が図れる可能性があるからです。筋肉の成長には様々なアミノ酸が必要になるため、マカを利用するのも一つの選択肢になります。

女性の場合はダイエットと結び付けて考える人も多く、筋肉を鍛え、代謝を高めることで脂肪の燃焼を目指す人もいるのです。脂肪の燃焼にもアミノ酸が関わっているのもポイントで、シェイプアップに使えるという見方もできます。

極端なダイエットで栄養を十分に摂取せずに体調を崩してしまう人もいるため、ダイエットアイテムと利用することも可能です。あくまで食生活の改善や運動などの習慣とセットで考えることが必要ですが、体を鍛えるために利用する人もいるのです。

マカが含まれている食品は?

マカが含まれている食品は?マカは南米原産の植物で、一般的な食品には含まれていないのがポイントです。マカを加える場合は栄養バランスを整えるために加えるのがほとんどで、健康食品などに含まれることが多くなります。

お菓子などにマカが含まれることもありますが、少量加えて気分を盛り上げるようなものが多く、含有量が多いものはないのがポイントです。

純粋なマカを販売しているショップもありますが、分類としては朝鮮人参などの漢方や、西洋のハーブの感覚が近くなります。単体で購入する場合は粉末状に加工されていることが多く、値段もかなり高くなってしまうケースが多いことに注意が必要です。

これは原産国であるペルーではマカの価値や守るために保護をしていて、加工品でなければ輸出ができない状態になっているからです。そのまま輸出ができる状態にした場合他の国でマカが栽培され、希少性や価値が失われる可能性があります。

マカの輸出制限を通して、品質や価格を維持し、粗悪なマカや極端な価格競争が起きないようにしているのです。加工品であれば購入できるマカですが、粉末で購入してもどうやって使うのかという問題も出てきます。

マカは日本では健康食品などに使われることが一般的で、食材として使われることはほとんどないからです。調理法自体がほとんど存在しないため、味などを目的に使われることはないのです。

日本でマカを摂取したい場合はマカが含まれた食品をとることになりますが、食品によってどの程度のマカが含まれているかが異なります。

含有量が多いほど高額になる傾向がありますが、成分バランスなどの関係からマカの量が多いほど健康に良いとは限らないのもポイントです。含まれるマカの良はあくまで目安の一つです。

人それぞれ不足している栄養素が異なるからこそ、どのような成分と相乗効果が見込めるかが大切になります。

マカサプリだけでなく普段の食生活もセットで考える

マカは栄養豊富な植物ですが、マカだけで人間に必要な栄用素を全て補うことはできない点に注意が必要です。たとえば、マカにはアミノ酸やミネラルが豊富に含まれていますが、人間のエネルギーとなる炭水化物などは余り含まれていません。

体を維持するために必要なたんぱく質をマカだけでとることも現実的ではないため、あくまで普段の食事とプラスで考える必要があるのです。

あくまで不足しがちな栄養を補うもののため、食生活が乱れている場合は見直していくことも大切になります。

サプリはマカ以外の成分との組み合わせになるのが一般的

マカを含んだサプリは、マカの含有量だけでなくどんな栄養と組み合わせているかが重要になります。マカは栄養バランスに優れていますが、特に日常生活に不足しがちな必須アミノ酸などを多く含んでいます。

一方で、鉄分やカルシウムなどが不足している場合は組み合わせで補う必要があり、体調不良を防ぐポイントにもなっているのです。

日ごろから野菜不足を感じているのであれば、ビタミンミネラル食物繊維も豊富に含まれたサプリメントを利用するか、野菜ジュースなどで補う方法もあります。

マカの1日の推奨摂取量

マカの1日の推奨摂取量マカを摂取する際に気になるのが1日の推奨摂取量です。マカを摂取する場合はサプリメント便りになることが多く、日常的な食事で補うことはほぼできないためです。

マカ関連のサプリメントを選ぶ際に、どの程度の量が含まれているかチェックするのも一つの方法になっています。マカの1日の推奨摂取量は1500mgから4000mgと言われています。数字に幅があるのが、基本的にマカが食品であるためです。

栄養価が高いといっても薬ではなく、栄養バランスの高さで注目されている食品のため、多少とりすぎても悪影響を確認することが難しいのです。マカで栄養が取れない分を他の食品などで補うという考えることもできるため、どうしても幅が出ます。

もちろん、マカ含有量が少ないものから試し、少しずつ含有量が多いサプリメントに変えていくのも方法です。自分の体にあっているかどうかは試してみないとわからないことがあるため、切り分けて考える必要があります。

マカの含有量が書かれていないサプリも多い

マカを利用する場合にポイントになるのが、マカを中心としたサプリメントになっているかどうかです。マカをメインにしていないサプリメントの場合はどの程度含まれているのか明記されていないことが多く、あくまでオマケ程度に考えた方が良くなるからです。

数字がかかれていない場合は気休め程度のものになるため、マカ中心のサプリ選びをするのであれば含有量がしっかり書いてあるかどうかチェックする必要があります。

マカサプリの中には複数飲めるものも

マカサプリの中には、自分の体調などに合わせて飲む量を調整できるものも存在します。効果を感じられない場合は、量を増やして飲むことを想定しているメーカーもあるのです。

マカの純度が高いサプリはマカ以外の成分で問題が出る可能性が少なくなります。そのため、摂取量の上限近くを日常的に飲んでいる人も存在するのです。

ただし、海外のサプリメントに関しては日本人の健康基準を上回るマカが含まれている可能性もあります。海外のサプリメントは健康被害が出ても訴えることは難しいだけでなく、製造工程が不明なことも多いため注意が必要です。

マカに副作用はある?

マカに副作用はある?マカは食品であり、薬のように副作用があるものではないのがポイントです。ただし、過剰な摂取で体調が良くなったりするわけではないため、推奨摂取量にも4000mgという上限が存在します。

明確な過剰摂取で悪影響を確認した人もいないものの、飲みすぎて悪影響があっても自己責任になるためとりすぎには注意が必要になります。

また、マカだけで人間に必要な栄養を補うこともできないため、日ごろの食事との組み粟やバランスが重要になることにも理解が必要です。

明確な副作用は確認されていませんが、体質に合わないケースもあるため、マカをとり始めてから不調を感じた場合は気をつける必要があります。

マカサプリで不調を感じた場合は?

マカを使った明確な副作用の報告例はなく、サプリで副作用が出る心配はほとんどありません。ただし、サプリメントはマカ以外の成分が含まれていることが多く、不調を感じた場合はマカ以外の成分が問題になっているケースもあります。

基本的にサプリメントの影響で副作用が起きる可能性は低いものの、アレルギーなどの影響で不調が起きることもありえます。原材料をよくチェックすることも大切で、サプリ選びの基準にもなってきます。

サプリメントは複数種類の併用を前提に副作用の有り無しをチェックしているわけではないこともポイントです。

一つ一つは体に良いサプリであっても、複数のサプリを一度に飲むことで効果を打ち消しあうことや、悪い方向に効果が出てくる可能性もありえます。サプリを飲む場合は一種類に絞り込むことが重要です。

マカが含まれているオススメの更年期サプリ

クオリア_バストアップ
クオリアは、下記の様な悩みを持っている人にオススメのサプリです。 ホットフラッシュ、イライラ、めまいなどの更年期症状が出て辛い ...